東京山中・山高同窓会会則

東京山中・山高同窓会会則
制定 平成21年12月14日

第 1 条 (名称)

  本会は、東京山中・山高同窓会と称する。

第 2 条 (目的)     

  本会の目的は、次のとおりとする。           
(1)会員相互の交流と親睦を図り教養を深める。
(2)山口県立山口高等学校同窓会(以下山高同窓会という)および各地区の山高同窓会の支部組織との交流を図る。
(3)母校山口県立山口高等学校の発展に寄与する。
(4)前各号に付帯関連する諸活動を行う。

第 3 条 (会員)

本会の会員は、山高同窓会の同窓会会則に定める山口県立山口中学校、山口県立山口高等学校等の卒業生および終了生等の同窓会の会員のうち、次の各号の一に該当する者とする。   
(1)首都圏に在住する者
(2)その他の地区に在住する者であって本会の活動に参加を希望する者

第 4 条 (会員総会)

  本会は、毎年1回原則として5月に定時会員総会を開催する。
2.前項に定めるほか必要がある場合は、臨時に会員総会を開催することができる。

第 5 条 (会長)

会長は、幹事会の決議により選任する。
2.会長は、会務を統括し、本会を代表する。
3.会長の任期は、2年間とする。ただし、再任を妨げない。

第 6 条 (副会長および顧問)

会長は、幹事会の承認を得たうえ、本会の会員の中から副会長および顧問各若干名を選任することができる。
2.副会長は、会長を補佐し会長に事故あるときは会長の職務を代行する。
3.顧問は、会長の諮問に応じ会長に助言を行う。

第 7 条 (幹事の委嘱)

  会長は、各卒業期(以下当該期という)の会員の推薦を受けて当該期の幹事を委嘱する。
2.幹事の任期は、特に定めず、当該期の会員の推薦を受けて新しい当該期の幹事が委嘱された時に終了する。

第 8 条 (幹事の役割)

  幹事は、次の役割を担うものとする。
(1)幹事会を構成すること
(2)当該期の会員の消息を把握すること
(3)当該期の同窓生に本会の活動への積極的な参加を働きかけること
(4)幹事会に出席して本会の活動に積極的かつ有益な意見を披瀝すること

第 9 条 (幹事会)

  幹事会は、会長が招集し議長となる。
2.幹事会は、毎年2回原則として5月と11月に開催するほか、必要がある場合は、臨時に開催することができる。
3.幹事会の決議は、出席幹事の過半数をもって行う。

第 10 条 (幹事会の権限)

幹事会は、本会則に定める事項ならびに本会の組織および運営に関する一切の事項について定める。
2.幹事会は、その決議をもって前項に定める幹事会の権限の一部を会長に委ねることができる。

第 11 条 (常任幹事および常任幹事会)

会長は、幹事会の承認を得たうえ、幹事の中から常任幹事数名を委嘱することができる。
2.常任幹事会は、常任幹事および事務局をもって構成し、会務に関する会長の諮問事項について審議を行う。

第 12 条 (当番期および当番期の補佐)

本会の定時会員総会の運営を担当する当番期は、山口の山高同窓会の当番期と同じ卒業期とする。
2.
当該年度の当番期の次年の卒業期および5年後の卒業期は、当該年度の当番期の補佐となり、当番期を支援するものとする。

第 13 条 (当番期の役割)

  当番期は、当該年度の本会の定時会員総会に関し次の役割を担うものとする。
(1)企画案を幹事会に提案し、その承認を受けること
(2)運営を担当すること
(3)決算案を幹事会に提案し、その承認を受けること

第 14 条 (事務局)

  本会に事務局を置くものとし、会長の委嘱する者がこれにあたる。
2.事務局には、会長の指名により事務局長1名、事務局長の指名により事務局員若干名を置く。
3.事務局は、本会に関し次の役割を担うものとする。
(1)幹事を通じて本会の会員の消息を把握すること
(2)幹事会および常任幹事会の運営にあたること
(3)山高同窓会および各支部同窓会等との連絡の衝にあたること
(4)本会の金銭の出納および会計の処理に関する事項を行うこと
(5)その他会長が委嘱する事項を行うこと

第 15 条  (内規)

  本会則に関する詳細な取り扱いについては、幹事会で定める内規によるものとする。

第 16 条  (本会則の変更)

  本会則の変更は、幹事会の決議によるものとする。

以上